タワーマンションの大規模修繕の問題と対策

タワーマンションの修繕

大規模修繕ラッシュ

タワーマンションとは普通のマンションとは違い、超高層マンションと言います。
超高層マンションは名前の通り背の高いマンションです。
高さが60メートル以上で、階層が20階以上のマンションのことをタワーマンション、超高層マンションと言います。
条例が適応される場合ですと100メートル以上ですが、一般的には60メートル以上です。

タワーマンションの魅力は眺めの良さです。
高いところから一望できる景色の為にタワーマンションの高層階を購入する方もいます。
他にもフロントサービスがあったり、ゲストルームも用意されており格安で宿泊することができます。
さらにジムやプールが完備されているマンションもあります。

タワーマンションは普通の住まいとは違い、内装や設備のランクを高くしているところが多く、ホテルのような感覚で利用できます。
その為近年では色々な施設が複合しており、駅や保育園が直結していることも多いようです。

しかしデメリットもあります。
耐震性がありますので、地震の時の高層階はよく揺れます。
高層階は低層買いに比べると家賃や価格が大幅に高くなります。
外出が億劫になるのもデメリットの一つで、エレベーターといえど高層階になると時間がかかりますので、外に出るのも一苦労です。

タワーマンションをリフォームはする時には厳しい規約があります。
普通のマンションと違い、さらに厳しい規約になりますので、出来ることと出来ないことを確認しておきましょう。

TOPへ戻る